キャッシングの利率

キャッシングでは、利率が大事です。キャッシングとは、平たく言うと金融会社などから少額の現金を借り入れすることです。利率は金融会社ごとに個別に決まっており、統一されてはいません。テレビやインターネットなどでもよく目にするキャッシングの広告です。広告にに表示されている利率はたいてい一番低い利率の場合です。基本的にキャッシングを利用する際には必ず事前審査があり、そこでさまざまな条件が設定されています。審査の内容に応じて、利率には開きがあるようです。金融会社といっても色々あり、利率の違いも意外と大きいものです。低金利で貸し付けてくれる金融会社からお金を借りれば、つく利息を少なくすることができます。いくら気軽に融資が可能になったとはいえ、キャッシングによる多重債務は絶対に避けなくてはなりません。これまではグレーゾーン金利という範囲もありましたが、法律が見直されたことによって利率を幾ら以上つけてはいけないというものができています。法改正により今までは最高29.2%まで設定が可能であった利率も、2012年以降一律に上限は20%までとなりました。以前に比べてずいぶんと手軽で便利となったキャッシングです。もし仮にキャッシングをせずに済むならば他の方法を探すこと、そして一旦借りたお金は利率に基づく利子をつけて確実に返済しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>