キャッシングシュミレーションの注意点

キャッシングを利用する前に行うべきシュミレーションでは何に留意すべきでしょう。注意点はキャッシングシュミレーションの返済日の入力についてです。何日が月の返済日になるか、利用者側に選択の余地がないキャッシングも多いようです。指定されている返済日を知らずに、自分の都合で返済日を入力してしまうことがあるのです。実際よりも長い借り入れ期間になり、支払い金額が実際よりも増えてしまうことがあります。キャッシング会社の中には、借入金額や期間に条件を設けて利率0%の貸付をする会社もあるようです。借りたお金を2週間後に返済するという場合、何日借り続けたことになるでしょう。融資日そのものは1日目としてカウントするのかなども、計算をする上では重要な要素です。クレジットカードで決済をする時は、必ずクレジットカードの決済日を確認しましょう。シミュレーションでは返済が可能だと思っていた利息が、キャッシングを利用してみたところ試算値より高額だったりもします。ほとんどは引き落とし日を知らなかったことに起因している事が多いのです。クレジットカードのシュミレーションは手軽で便利な機能ですが、シュミレーションを間違えるとカードの引き落とし日を勘違いしてしまう場合もあります。毎月の返済日が少しだけずれていたために、翌月ではなく翌々月からキャッシングの返済がスタートする場合もあります。シュミレーションをする時は正確に条件を入力しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>